羅列された漢字
受験生A
現代文は、選択肢を先に読んだほうが良いんですか?
受験生B
現代文は勉強しても中々安定しないなぁ。
受験生C
英語がどうしても苦手で捨てようか迷っています・・・

 

コムオ
こういった皆様のお悩みに、現役公務員のコムオがお答えします。

現代文の勉強法

本とペン
文章理解の現代文は、「勉強していても得点が伸びる感じがしないし、結局惰性で毎日過去問を解いているだけ」という方は少なくないでしょう。


しかし、現代文はセンスじゃありませんよ。

「解くプロセス」を見直し、問題演習を行うことで、確実に安定した得点源にすることができます。


そのための方法を、これから解説していきますので、よかったら最後までお付き合いください。



選択肢から読むべきか。本文から読むべきか。




文章理解の現代文は、大きく分けて2つの解き方があります。

①まず本文を最後まで読んでから選択肢を吟味する解き方

②選択肢を先に読み、それを踏まえて本文を読む解き方


の2つです。


どちらの解き方のほうが点がとれるか。

結論から言うと、人によります。

これではこの記事を読んでいる方が欲しかった答えではないと思うので付け加えると、



個人的なおすすめは、①の先に本文を読むほうです。

ただ、②で高得点を安定してとる人もいますし、 一概には言えません。


以上のことを踏まえ、この記事では自分に合った解法を選ぶ方法、そして①②の解き方共通で、絶対に意識すべきコツを紹介します。



自分に合った解き方の選び方




ここで、自分に合った解法の選び方を紹介しておきます。

自分に合った解き方を見つけるには?

まず、①の方法と②の方法で、それぞれ7.8問ずつくらいの異なる問題を解きます。

そこで、参考にしてほしいのは「正答率」と、「正解に至るまでの道筋を論理的に説明できるか」です。


正答率はもちろん非常に重要な指標です。

ですが、別の問題を解いているため、問題の難易度次第で正答率が多少変わるのは当然ですので、正答率だけで判断するのは危険です。


そのため正答率を参考にしつつ、 「なんとなく」じゃなく、正解に至るまでの思考回路がしっかりしていると感じる方を選ぶのが良いと思います。

現代文は「正解に至るまでの思考回路」が得点の安定につながりますので。


ちなみに、「①と②それぞれの方法で同じ問題を解いてみれば同じ難易度の問題を解いたことになるから比べやすいのでは」と思う方もいると思います。(自分がそうでした。)


ですが、このやり方はおススメしません。

結局同じ問題を2回解いても、1回目に解いた先入観が入ってしまい、本来の思考回路で問題を解くことができるとは限らないからです。


自分に合った解き方は定まったでしょうか。

コムオ
①がおすすめと書きましたが、人によって異なる部分なので、②のほうが良いと思った方はその解法で進めていきましょう。


ちなみに、自分に合った解法が正確にわからなかった方は、とりあえず①で進めてみましょう。


①でも②でも、点数を伸ばすために気を付けるべきポイントは変わりません。

途中で①から②に切り替えてももちろん構いませんので。



得点を伸ばす学習の進め方




ここからは、「解き方は決まったけど、結局点をとるにはどうすれば良いの?」という疑問に答えていきます。

上記の①②の解き方共通で「最も効率的に得点を伸ばす勉強法」を書いていきますよ。


安定して得点するために必要なこと。それはズバリ、筆者の主張を読み取ることです。


そのためには、重要なところには線を引きながら本文を読んでいきましょう。

「そんなのもうやったことあるよ」という方もいるでしょう。

しかし、それは本当に重要なところに線が引けていますか?


筆者の主張を把握する(=重要なところに線を引く)ことができていれば、公務員試験の現代文は殆ど間違えなくなるはずですよ。

では、どこが本当に重要なところなのか。

①逆説の後
②複数回反復していること
③長い説明のあとの要約

の3つです。

これを見逃さなくなれば安定して得点がとれるはずです。
それぞれ説明していきますね。


「逆説の後」は説明不要ですね。
「だが・しかし・ところが」などの逆説の後は筆者の主張が来ることが多いです。


② 次に「複数回反復していること」です。
「大事なことなので2回言いました」って聞いたことありますね?本当にその通りで、複数回繰り返されたことは、筆者が何度も言ってまで主張したかったことである可能性が高いです。


③ 最後に、「長い説明のあとの要約」です。
筆者は余計なことをズラズラ書くことはしません。具体例などにより長々と説明した後に来る要約文、これが筆者の主張であることが多いです。


これらに線が引けるようになるには、問題演習を繰り返してください。

間違えた時は解説を見るのも良いですが、本文のどの部分から答えが導き出されているか・そこに線を引くことができていたかを確認し、とにかく筆者の主張を見抜く精度を上げていきましょう。

これなら、普通に解くよりも「正解に至るまでの思考回路」が明確になり、間違えた時にもどうしたら正解できるかがわかるようになります。



分量としては、一日で一気に仕上げるというよりは、毎日2.3問を目安にやると良いでしょう。

私は文章理解に関しては同じ問題を何度もやる意味はないと思うので、一周したらもう一周ではなくて、別の問題集に移りましょう。

過去問集に関してですが、現代文の問題集は何でもいいです。解説や分量は大差ありませんので。


ちなみに、私は「スーパー過去問ゼミ」と「クイックマスター」をやりました。


なお、現代文のメインの問題形式として、

  • 内容把握:文の内容と合致するものとして最も妥当なものを選ぶ問題
  • 要旨把握:文の要旨として最も妥当なものを選ぶ問題


以上の2つがありますが、基本的にどちらも筆者の主張が分かっていれば解けます。

要旨把握は上記の筆者の主張の3つの条件に最も当てはまったものを選べばよく、内容把握も、下線を引いた部分のいずれかから正答が導き出されることが殆どだからです。

 



英語が苦手な人向けの勉強法



英語の新聞
英語に関してですが、まず、公務員試験の英語は易しめに作られているので、捨てるのはもったいないです。

「英語は捨てる以外の選択肢がない」と言い切れる人は別として、捨てようか迷いながらこの記事にたどり着いた方は、捨てるのだけはやめましょう。

ただ、英語に関しては上記の現代文のようなテクニックはあまり使えません。

なので、選択肢を先に読んだり、筆者の主張に線を引いたりといったことには頼らずに、真っ向勝負でいかなければなりません。




公務員試験の英語に限れば、苦手な人に足りてないのは以下の3つです。

  • 速読力
  • 単語力
  • 長文への慣れ




特に速読力は時間配分を考えるうえで重要です。英語が苦手な人が最も避けたいのは、「時間がかかるのに点がとれない」という事態です。


速読英単語で基礎を身に着けよう
上の3つをまとめて攻略するには過去問よりも、速読英単語(必修編)のほうが効率が良いです。

最初は日本語訳を見ながらでも良いので、読み物感覚で読んでいきましょう。意外と内容も面白いですよ。

単語ページはあまり使わなくて良いので、文脈の中で単語を覚えていきましょう。そして、赤字になっている単語が一通り覚えられるまで何周か回してみてください。


速読英単語を仕上げたら、あとは過去問演習さえやれば公務員試験で合格点(6割程度)をとれる英語力はついているはずです。


この後は、試験の日まで毎日1.2題過去問演習をしましょう。これにより英語への勘が鈍るのを防ぎつつ、長文への慣れを更に養っていきます。

以上が、私が考える最低限かつ最も効率的なラインの英語の勉強法です。


まあ、これで安定して高得点(7割~9割)が狙えるかというと、正直厳しいと思います。

英語の勉強は地道なものです。一朝一夕に身につくものではないので、時間をかけて勉強しすぎるのも良くありません。

コムオ
しかし出題数も多い上に易しめなこの科目、捨てるのはもったいないんですよね。


苦手な英語でも最低限の点を稼ぐために、英語の勉強に割く労力はこれくらいがベストだと思います。


ちなみに、ここでは教養試験の英語の勉強法を紹介しましたが、国家一般の専門試験でも、英語は選択科目として2科目(10題)も出題されます。


教養の英語よりは難しいですが、英語に苦手意識がない方なら十分選択できる可能性があるので、是非以下の記事をご覧ください。





おまけ:古文なんて捨てましょう




得意な人でない限り古文は捨て一択です。

なぜなら古文は1問出るか出ないかという出題頻度である上に、少し勉強したところで安定して得点できる科目ではありません。


予備校の授業でも古文があると思いますが、出なくて良いです。他の勉強に時間を使いましょう。



まとめ



古い本の羅列
現代文は、まず選択肢から読むか本文から読むかという型を決めましょう。

その後はひたすら筆者の主張をもれなく見抜く練習をしてください。


たまに筆者の主張以外から回答が導かれているように見えるパターンがありますが、よくよく読んでみると筆者の主張の言い方を変えただけだったり、間接的に筆者の主張から導かれてたりします。


よって、何度も言いますが筆者の主張が全てです。



あとは、英語はできるだけ捨てないでくださいね。

なんといっても、どの試験でも出題数が多すぎるんですよ。

「ちょっと捨てるには多すぎるかな」という印象です。

「英語の勉強なんてしてこなかった」という方以外は、上記の勉強法でやれば合格点は十分とれるようになると思うので、是非実践してみてください。


最後に、「古文は当然のように捨ててくださいね。」という話でした。(笑)

この記事が、少しでも文章理解の勉強法で悩む皆さんのお役に立てたら幸いです。

この記事を読んでわからなかったこと、その他公務員試験に関して、公務員の仕事に関して、なんでも気軽に聞いてくださいね。