スーツを着る人

公務員ラボへようこそ。


 

受験生A
筆記・面接試験の服装について知りたいです!
受験生B
公務員試験の女性の服装って何がいいんだろう。
受験生C
筆記試験の靴ってスニーカーでも良いのかな・・・


コムオ
こういった皆様のお悩みに、コムオがお答えします。
公務員試験の時の服装って悩みますよね。

インターネットには色々な情報が飛び交っていますが、中々根拠がないと「どの情報が本当なのか」がわかりにくいと思います。

そこでこの記事では、他市役所の人事から聞いた情報なども交えつつ、公務員試験の服装全般について解説していきたいと思います。

公務員試験の服装に関してはこの記事が【完全版】になるかと思いますので、是非最後までお付き合いくださいね!

 

筆記試験の服装は、男性・女性問わず何でも良い【スニーカーやジーパンOK】

OKスタンプ

公務員試験の筆記の服装は、男性・女性関係なく、何でも構いません。

理由は受験者が多すぎて、全員分見られるはずもないからです。

私自身スウェットにクロックスという、これ以上にないくらいラフな格好で筆記試験にいっていましたので、スニーカーやジーパンももちろんOKです。

最高のパフォーマンスを発揮するために、「とにかく楽な格好で受ける」というのは大事だと思います。

コムオ
ただ、茶髪は避けましょう。髪色は黒髪にしてくださいね。


以下の筆記試験は全て上記の格好で行きましたが、浮くこともなく、合格もできたので何の問題もありませんでした。

  • 国家一般職
  • 国税専門官
  • 裁判所事務官
  • 県庁
  • 市役所
  • 国立大学法人


なので、筆記試験では基本的に服装は全く見られていないと思って良いでしょう。


 

ただし高校生の服装は、筆記も面接も制服が無難

私の市役所でもそうでしたが、高卒の試験の場合は、制服で来る受験生が多いです。

もちろん筆記は私服でも構いませんが、浮く可能性もあるので制服で行っておくのが無難かと思います。

 ちなみに面接に関しても、スーツで行っても全然構いませんが、面接も制服で来る受験生が多いので、同じ理由で制服で行くのをおススメします。


筆記・面接ともに、靴は派手でなければスニーカーでも良いでしょう。

革靴のほうが良いことは確かですが、安めのものを買っても高校生にとっては高いですからね。




高校生のお財布事情は人事も把握しているので、スニーカーで減点されることはないでしょう。

 

 

【小規模な市役所を受験する場合のみ】筆記試験の服装に注意!

注意マーク

インターネットの情報などを見ても、「公務員試験は筆記の段階では服装は全く見られていない」という記述が多いですよね。


確かに、私もここまで言ってきた通り「基本的には」公務員試験の服装は何でも良いんです。


ただ、他市役所の人事の話を聞いた限りだと、半分正解で半分間違いだと思います。

 特に小規模な市役所や町役場を受ける方は注意が必要ですよ。


その理由を、以下で解説します。

 

受験生時代に聞いた市役所人事のある言葉

私は受験生時代に「筆記試験の服装が本当に何でも良いのか」不安に思い、受験先の市ではありませんが、他市で人事をやってた知り合いがいたので聞いてみました。

 

「筆記試験の服装は派手すぎたりしなければ何でも良いんですか?」と聞いたところ、

「うちみたいな小規模な市の試験じゃないから、服装も見られないだろうし何でも良いと思う」という答えが返ってきたんです。

 

これを聞いて当時の私はラフな格好で試験に行ったわけですが、今思い返すと違和感があります。

「小規模な市の試験だったら筆記の服装で減点される可能性がある」ともとれますよね。


まあ、そもそも服装が何でも良いと考えられている理由は「受験者が多すぎて見る余裕がない」というのが主なものです。

小規模な試験であれば、この理由はなくなります。


まあそれでも、筆記の服装で減点する自治体なんてほとんどないと思いますよ。

それで優秀な人材を逃したら勿体ないですしね



ただ、小規模な試験では「その可能性がある」ということだけでも頭に入れておいてほしいんです。

その市役所の受験者数から考えると、目安としては、受験者が50人以下の試験では服装に少し気を付けた方が良いでしょう。

では、小規模な試験ではどんな服装が良いのかについて、軽く解説します。

小規模な市役所や町役場を受ける場合、最低限の節度ある服装で

かといって、スーツで行く必要はありません。

向こうもそこまでは流石に求めていませんし、逆にスーツで行くと浮く可能性が高いです。

楽な格好で臨むというのも大事なので、本当に「最低限」の節度があれば良いでしょう。

一応、サンダルとかスウェットを避ければ問題ないです。

あとは「寝ぐせ全開」とかも避けましょうね(笑)

 

チノパンやジーパンにスニーカーとかで行くのが無難でしょうね。

もちろん服装をメインに見る試験ではないので、とにかく「悪目立ち」しなきゃ大丈夫です。

 

公務員試験の面接は原則スーツで

スーツを着る人

面接では、もちろんスーツを着ましょう。

リクルートスーツが基本ですが、ビジネススーツしか持っていない場合はそれでも問題ありません。

しかし、以下のことに注意してください。

スーツの色やストライプに関して

男性・女性関わらずスーツの色は以下の3色です。

  • 黒(圧倒的に多く、最も無難)
  • 紺(割と少ない。)
  • グレー(最も少ない。明るいグレーは一応避けるべき。)


まあ黒が一番多いんですが、この3色ならどれを選んでも問題ないです。

コムオ
大差ないんですが、浮くのが嫌な人は黒を選ぶのが良いでしょう。


 

次に、ストライプですが、念のため避けた方が良いです。

ストライプで減点されることはないと思いますが、ストライプのスーツを着てくる人は私の市役所では一人もいませんでした。

なので、結論としては「色は3色の中なら何でもOK、ストライプは一応避けよう」ということになります。

 

クールビズの場合、上着・ネクタイは本当に要らない?

夏にクールビズの指定があった場合になりますが、クールビズに従ってください。

クールビズの通知があって、上着やネクタイを着用しなかったからといって減点されることは絶対にあり得ません。

なぜなら、国家公務員・地方公務員はクールビズを推進する側だからです。

 

例えば、市役所では環境部がクールビズを推進し、職員のほとんどがノーネクタイ・ノージャケットです。

そんな中で減点されることはありえませんよね。

 


むしろ「なぜクールビズで来なかったのか」と質問された例もあるそうなので、当日が寒い日でない限りはクールビズに従うようにしましょう。

 

おまけ:警察官採用試験の試験の服装は?

敬礼する警察官

最後に、警視庁 警察官採用試験の服装を解説します。

警察官採用試験の服装は、「指定がない限り」1次試験・2次試験共にスーツ(高校生は制服)でOKです。


警察官の1次試験は、他の公務員試験とは違い、スーツを着てくる人が多いようです。

なので、少々窮屈かもしれませんが、浮くのを避けるためにもスーツで行きましょう。


2次試験に関しては、面接試験を行うところはスーツでOKですが、体力検査のみで「動きやすい服装でお越しください」と記載がある場合は、スーツでなくても構いません。

 この場合、動きやすい服装で会場に行くのではなく、チノパンにスニーカーなどで会場に行き、動きやすい服装に着替えるようにしましょう。

 

まとめ

  • 筆記試験の服装は何でも良いが、小規模な市役所や町役場を受ける場合、悪目立ちは避けよう!

  • 面接のスーツは色は3色のうちどれでも良いが、ストライプは念のため避けよう!

  • クールビズの指定があったら、ネクタイと上着はナシで行った方が良い!

  • 警察官採用試験の服装は、指定がない限りは1次も2次もスーツで行こう!

 

公務員試験の服装に関しては、この記事が【完全版】になると最初に言いました。

実際この記事を読んでおけば、あとは公務員試験の服装に関して、何も知らなくても問題ないと思います。

コムオ
特に小規模な市役所や町役場を受ける場合、実際に減点されるケースは少ないかと思いますが、念のため注意しておいて損はないですよ。



試験前にはもう一度この記事を見直して、服装に関してチェックしてみてくださいね。

 

この記事が、公務員試験の服装で悩む皆様のお役に立てれば幸いです。

この記事を読んでわからなかったこと、その他公務員試験に関して、公務員の仕事に関して、なんでも気軽に聞いてくださいね。