公務員試験の英語の勉強法
受験生A
英語で満点をとれる人の解き方が知りたい!
受験生B
公務員試験の英語の参考書はどれが良いんだろう。
受験生C
英語が苦手で全然できないので、捨てるか迷う・・・

 

コムオ
こういった皆様のお悩みに、元公務員・公務員予備校チューターのコムオがお答えします。
公務員試験の英語は、得意不得意が分かれる科目です。
非常に重要な科目なので、使用する参考書や捨てるかどうかの判断などは慎重にしておきたいところですよね。

教養の模試で全国2位をとり、特別区や国家一般に上位合格した私が、公務員試験の英語におすすめの参考書や勉強法について、解説します。

公務員試験の文章理解(英語)のレベル

まず、簡単に公務員試験の英語のレベルについて触れておきます。

公務員試験の英語は割と易しめに作られています。

レベルとしては、センター試験よりやや易しめという印象ですね。


なので、英語が得意な方には満点を狙ってほしいですし、苦手でも6割くらいはとれるようにしましょう。


私は毎回満点とまではいきませんでしたが、平均1問ミス以内には抑えられていました。

次に「英語が苦手で捨てたい」という方向けに、英語を捨てる基準を明確にお示しします。。

英語ができない人は捨てるのもあり?

公務員試験の英語の勉強法

結論から言うと、苦手な人でも捨てるのはもったいないです。

ただ、人によって条件は異なるので、一律に「苦手でも捨てない方が良い」と言い切るのは暴論ですよね。

仮に「全く英語ができない人」や「勉強時間があまり確保できない」といった場合、一から勉強するよりほかの科目に回した方が効率的ですからね。

英語を捨てる基準は「中学生レベル」

私の中で「このレベルで英語を捨てるかどうか決めるのがベスト」という明確な基準があります。

それが「中学生レベル」です。

書店に行って、中学生レベルの参考書を読んでみましょう。

公務員試験の教養英語では文法問題は出ないので、読解だけでOKです。

ここで「中学生レベルの英語ができない」と言い切れる人は、捨てる選択肢もアリかなと思います。

 


逆に、もし中学生の英語は多少理解できるレベルであれば、捨てない方が良いと断言します。

 最終的な目標が高校レベルなので、これから勉強してもなんとかなりますよ。どの受験先でも出題数が多いので、なんとか6割はとれるようにしましょう。


公務員予備校で働いていた経験から、「苦手な方が6割とる」ための勉強法についても紹介しますので、捨てずに頑張っていきましょう。

公務員試験の英語の解き方

公務員試験の英語の解き方は、以下の形がおすすめです。

 

英語の解き方

①選択肢をざっと見る

②長文を読む

③読みながら「But」や「However」など、逆説の接続詞にはマークをしておく(答えになることが多いため)

④内容をある程度把握したら、解答に移る

 


「解き方ってこれだけ?」と思った方も多いかもしれませんね。

テクニックっぽいものは③くらいで、それも割とメジャーな解き方です。

英語は文章理解の中でも現代文と違い、解き方のテクニックがない科目です。

 むしろ、英語は解き方を小手先のテクニックに頼ると正答率が落ちてしまいます。


英語力を鍛えて、真っ向勝負でいくのが最も安定した解き方と言えるでしょう。

 

コムオ
ただ、勉強法を工夫することで手っ取り早く英語力を身に着ける方法はあるので、それを紹介していきますね。


英語ができない(苦手な)人向けの勉強法



英語の新聞

では、次に「苦手な人が最低限6割をとるための勉強法」について解説します。

公務員試験の英語に必要な能力は3つだけ

公務員試験の英語に限れば、苦手な人に足りてないのは以下の3つです。

  • 速読力
  • 単語力
  • 長文への慣れ


特に速読力は時間配分を考えるうえで重要です。英語が苦手な人が最も避けたいのは、「時間がかかるのに点がとれない」という事態です。

時間をかけると、数的など他の科目にも影響してしまいますからね。

コムオ
では、この3点をまとめて攻略していきましょう。

英語の参考書は速読英単語できまり!

上記の3点の基礎をまとめて身に着けられるのが、速読英単語です。

速読英単語で基礎を身に着けよう
速読英単語は色々レベルがありますが、苦手な方には間違いなく入門編のほうが効率が良いです。

ちょうど中学3年~高校1年レベルの長文と単語が掲載されており、公務員試験でもこのレベルの長文がたまに出ます。
分量やレベル的にも、英語が苦手な方の公務員試験対策にピッタリの参考書です。

本来は公務員試験対策用ではない参考書なのですが、公務員対策が非常に効率よくできるので最もおすすめです。

日本語訳を見ながらでも良いので、読み物感覚で読んでいきましょう。

意外と内容も面白いですよ。


単語ページはあまり使わなくて良いので、文脈の中で単語を覚えていきましょう。

そして、赤字になっている単語が一通り覚えられるまで何周か回してみてください。

コムオ
これで基礎は十分身につくはずですよ。

おすすめの過去問集はやっぱりこれ!

速読英単語(入門編)を仕上げたら、あとは過去問演習さえやれば公務員試験で合格点(6割程度)をとれる英語力はついているはずです。

過去問集としては、問題の選定が非常によく、解説も必要十分な「スーパー過去問ゼミ 文章理解」が最もおすすめです。




この後は、試験の日まで毎日1.2題過去問演習をしましょう。


過去問により英語への勘が鈍るのを防ぎつつ、長文への慣れを更に養っていきます。

少し難しく感じる問題もあるかもしれないので、基本問題だけでもできるようにしておけば6割とるには十分です。



以上が、私が考える最低限かつ最も効率的なラインの英語の勉強法です。


まあ、これで8割とか高得点が狙えるかというと、正直厳しいと思います。

英語の勉強は地道なものです。一朝一夕に身につくものではないので、時間をかけて勉強しすぎるのも良くありません。

コムオ
しかし出題数も多い上に易しめなこの科目、捨てるのはもったいないんですよね。


苦手な英語でも最低限(6割)の点を稼ぐために、英語の勉強に割く労力はこれくらいがベストだと思います。

英語が得意(苦手じゃない)人向けの勉強法

英語の単語

次に、英語が得意or苦手じゃない方向けの勉強法です。

英語は苦手じゃなければ、対策の仕方によっては十分満点も狙える科目です。

ここで他の受験生に差をつけていきましょう!

公務員試験と同レベルの「速読英単語 必修編」を使おう

こういった方は、おそらくある程度の読解力が身についているはずです。

なので、公務員試験のレベルなら過去問を解くだけでも6~7割の得点は出来ると思います。

コムオ
ただ、私はその状態から「単語力」を身に着け、更に「読解力」を上げていくことが重要だと思ってます。


そこで圧倒的におすすめなのが「速読英単語(必修編)」です。

苦手な方には入門編をおすすめしたんですが、必修編はまさに公務員試験のレベルとちょうど同じくらいの長文や単語が掲載されています。

ぴったりのレベルで「読解力」と「単語力」を底上げできる、ベストな参考書です。


その後はスー過去で過去問演習

あとは「スー過去 文章理解」で過去問演習をしておきましょう。

 スー過去は基本問題だけでなく、標準問題や応用問題も掲載されているため、英語が得意な方も幅広いレベルの問題を解くことができます。


過去問はそれほど多くやる必要はないので、1日3題前後でOKです。

 

コムオ
英語への勘が鈍らないように、定期的に触れるようにしていきましょう。

なぜ過去問よりも速読英単語をやるべきなの?

過去問と同じレベルの長文や単語が掲載されているなら、過去問だけでいいのでは?

こう思った方もいるかもしれません。

それぞれの役割はこんな感じです。

  • 速読英単語→単語力と読解力の強化
  • 過去問→読解力と問題への慣れの強化


もちろん過去問をやることも必要なのですが、過去問の文章に出てくる単語は「頻出単語」が少ないんです。

まあ単語帳でも参考書でもないので当然ですよね。


「過去問の中でわからなかった単語を覚える」というやり方でやっても、重要じゃない単語を覚えてしまい「効率の悪い努力」になってしまうんです。

 

コムオ
なので、速読英単語で「頻出の重要単語」を覚えつつ、読解力を更に養ってから、過去問演習に進むことをおすすめしているんですね。


まとめ:英語が苦手な人は6割、得意な人は満点を目指そう



古い本の羅列

  • 英語を捨てるかどうかの目安は「中学生レベル」

  • 英語は苦手な人は「速読英単語 入門編」→「スーパー過去問ゼミ」の基本問題

  • 苦手じゃない人は「速読英単語 必修編」→「スーパー過去問ゼミ」


文章理解の英語は、どの試験でも出題数が非常に多いんですよね。

「ちょっと捨てるには多すぎるかな」という印象です。



「英語の勉強なんてしてこなかった」という方以外は、上記の勉強法でやれば合格点は十分とれるようになると思いますし、得意な人は満点も狙えると思います。

特に速読英単語は公務員試験対策としてとても優れた参考書なので、おすすめです。



ちなみに、ここでは教養試験の英語の勉強法を紹介しましたが、国家一般の専門試験でも、英語は選択科目として2科目(10題)も出題されます。


教養の英語よりは難しいですが、英語に苦手意識がない方なら十分選択できる可能性があるので、是非以下の記事をご覧ください。

 

この記事が、少しでも文章理解の英語の勉強法で悩む皆さんのお役に立てたら幸いです。

コムオ
実際に模試で全国2位をとり、上位合格もした方法を他の科目や面接などについても書いてますので、是非見てみてくださいね。