原稿用紙にペンで書く

公務員ラボへようこそ。


受験生A
公務員試験の論文は暗記でいけると聞きましたが、真相が知りたいです!
受験生B
これから論文の勉強を始めるけど、独学だからどうすればいいかわからない。
受験生C
論文が苦手だけど、もう試験が近くて勉強する時間がない・・・

コムオ
こういった皆様のお悩みに、コムオがお答えします。


論文(教養論文・小論文)は、特別区や都庁、裁判所、地方上級の一部など、様々な試験で実施されています。

そんな論文試験の対策について、予備校やインターネット上で意見が以下の二つに分かれているのをご存じですか?
論文における二つの派閥
①参考書の解答例を暗記する方が高得点をとりやすい


②暗記ではなく、何度も書く練習をして、自分オリジナルの答案を作った方がいい

これは正直、どちらの主張も間違いではないんです。

予備校では、②のパターンを推す講師が多い印象があります。
実際にいろんな予備校の直前講座に複数参加し、論文専門の講師に話を聞いた感想です。



ただ、結論から言うと、①のほうが圧倒的におすすめです。

暗記すればいいといっても、気を付けるべき点はありますし、解答例の丸暗記はあまりおすすめしません。

なので完全に①が正しいというわけではありませんが、概ね正しいと思っています。


詳しい勉強の進め方については、記事の後半で解説していきますが、やはり効率を求めると暗記がメインになってきます。


ちなみに、「論文は採点者の中でも人によって採点基準や辛さが異なる」のは昔から言われていることですよね。

その中で、「厳しい採点者に当たったからダメだった・・・」なんてことにならないように、万人うけする回答を作る必要もあると思うので、そこに重点を置いて解説していきます。

論文は「頻出パターンの暗記」がベストである根拠

虫眼鏡と本
さて、もう何度も言っていますが、公務員試験の論文は暗記で合格できます。

というより、勉強効率を考えた際に、暗記がベストです。

私がそう感じた根拠を4つに分けて、解説していきます。


①論文の得意・不得意に関係なく得点できる

これは非常に大きいです。

論文には本来、様々なことが要求されます。

  • 論理的な文を書く能力
  • 社会情勢に精通していること
  • 制限時間の中で全体の構成を一から考え、書き上げる能力
  • テーマにされている問題の原因や解決策を考える能力


代表的なものはこれくらいです。


こんな色々な能力が要求される論文、得意な人は少ないと思います。

当時の私は「文系だし、論文は苦手ではないだろ」と思っていたのですが、いざやってみると、全然良い答案が書けませんでした。


しかし暗記する方法なら、こういった能力があるかどうかにかかわらず、安定した得点をとることができます。

まああったほうが有利なのは、暗記力くらいでしょうか。

とはいえ、人文科学や民法などと比べたら、覚えることは圧倒的に少ないので、安心してください。

 

②コストパフォーマンスが非常に高い

論文を暗記で攻略すれば、勉強時間を大幅に短縮できます。

何度も答案を書く必要もなければ、テーマごとにオリジナル性のある内容を自分で考える必要もないので、かなり短期間で攻略することができます。

その余った時間を他の科目の勉強にあてれば、全体の得点アップも期待できます。

コムオ
時間をかけずに安定した得点ができるこの勉強法、実践しない手はありませんよね?

 

③この方法で多くの合格者を見てきた

私自身もこの方法で、論文の配点が非常に高い特別区を始め、裁判所や地方上級といった論文試験がある試験に合格しました。

 それだけでなく、予備校チューター時代に、この方法で合格している受験生を数多く見てきました。

これは私の単なる経験談ですが、「実際にこの方法で合格している人が多い」ということは、大きな根拠の一つになります。

 

④そもそもオリジナルで書く場合のメリットが少ない

オリジナルの答案を書いた方がいいという意見はよく聞きますが、説得力のある根拠まで提示できている人は少ないと思います。

オリジナルの答案を書くメリットは以下の2つでしょう。

  • 予備校で教えられる方法だから、安心感がある
  • オリジナル性(独創性)で加点される場合がある



前者に関しては、私は予備校ではオリジナル答案を書く方法が主流だと思っていたので、ここに書いたのですが、どうやら近年は暗記を推すところも多くなっているようですね。

これについては信頼できるデータが手に入ったら載せようと思います。




後者に関しては、確かにこちらにしかないメリットです。

論文が得意な方であれば、満点も狙えますからね。

ただ、以下の理由から、基本的には「オリジナル性」の加点は狙わないほうがいいと思っています。

論文にオリジナル性は不要!
論文の採点者はもちろん一人ではなく、非常に多くの採点者がいます。

採点者も人ですから、採点基準は人によって異なります。


その中で、「オリジナル性をオリジナル性と受け取ってもらう」自信はありますか?


採点者によっては、「変わったことを書く受験生だな」と思われて終わりかもしれません。もちろん減点だってあり得ます。


そのあたりの線引きができる受験生は大丈夫ですが、そうでない方は危険です。


オリジナル性が合格に必要なら、リスクをとってでも独創的な答案を書くべきですが、そもそもオリジナル性ゼロの答案で合格できる試験なんです。

だったら、高得点なんて狙わずに、「満点はとれないけど安定して合格点以上はとれる」方法を選ぶべきだと思いますよ。

まあ、論文が得意な人は別ですけどね。

おまけ:論文対策について、実際に予備校講師に聞いてみた!

疑問を持つ女性
やはり専門家に聞くのが一番です。

ということで、それなら身近な専門家に聞こうということで、実際に予備校の講師に聞くことにしました。

本当は人脈を辿って元採点者に話を聞こうと頑張ってみたのですが、やはりそれは叶いませんでした。

なぜ採点者に話をききたかったのか
実際に採点をしていた人のほうが色々な事情を知っているというのもあるんですが、それだけじゃありません。


予備校講師も専門家と言える知識量ではあるんですが、あくまで商売でやっています。(どれだけあなたに親身な講師でも、です。)



なので、正直に答えてくれない可能性があるんですよね。


仮に「論文は参考書の解答例を暗記すれば大丈夫」なんていったら、予備校の意味がなくなってしまいますから。

 

まあこういった心配もしながら、いくつかの予備校の直前講座に出席した際、授業後に個人的に聞いてみました。

「論文は頻出パターンの解答例を暗記するだけで合格できますか?」と。

 

  • 大部分の講師はまず「それだけでは無理だと思う」と答えました。

(ちなみに、「それでも行けると思うけど・・・」と正直に言ってくれた人も一人だけいました。)


まあ予想していた答えですね。

そこで、そう思う理由を聞いてみたところ、反応は3通りでした。

  • 「一言一句同じ解答だと減点される可能性がある」
  • 「オリジナル性(独創性)がなくなる」
  • はっきり答えてくれない

 

「一言一句同じ解答だと減点される可能性がある」というのは採点者に聞かないとわかりませんが、確かにそうの可能性はありますね。

ただ、私が紹介する勉強法では、暗記とはいえ参考書と同じ解答にはなりようがないので問題ありません。

 

オリジナル性に関しては、④の項目で説明した通りです。

オリジナル性のある答案を正しく作れるようになる受験生は多くないですし、そもそも合格には必要ないものです。


余談ですが、今回、いろんな予備校講座に参加した中で、このオリジナル性とか独創性をものすごく重視する講師がいました。

そんなに推すなら私が知らないメリットがあるのかなということで、その講座は終始集中して聞いてみたのですが、特に目新しい情報はありませんでした。

その講座について何か言うつもりはありませんが、やはり「とにかくリスクを避ける私の考え方とは合わないな」という感想です。


暗記メインの論文の勉強法【7割安定】

成功までのステップ
では、実際の勉強の進め方を解説していきます。

暗記だけの勉強法に少しアレンジを加えているので、純粋な暗記のみではなくなってますが、ご了承ください。

とはいえ、ほぼ暗記だけですけどね。

ここでは、以下のことを重視した勉強法を解説していきます。

  • 9割~満点は目指さず、7割以上を安定してとる
  • 特定の採点者に響く内容ではなく、万人がそこそこ好む解答を作る
  • 論文の得意・不得意にかかわらず、得点を伸ばせる
  • 論文の勉強に時間をかけすぎない



「リスクを背負ってでも満点がとりたい」とか、「他の科目は仕上がっているので時間をかけてがっつり対策したい」という方には向いていないかもしれません。


ただ、満点なんて必要ない試験ですし、なにより公務員試験では安定感が重要です。



第一志望の試験は1回きりですからね。


それでは、具体的な勉強の進め方を解説していきます。

とってもシンプルです。

①論文の参考書を選ぶ

いきなり重要です。

暗記でいいとは言っても、暗記する参考書の内容が微妙だったら、7割なんてとれません。

ここで間違えたら、いくら頑張っても得点はとれませんからね。



そこで、個人的におすすめできる参考書は「寺本康之の小論文バイブル」です。

寺本先生は法律で有名な先生ですが、実は論文に関してもプロなんです。

論文の参考書に関して、詳しくは別の記事で書こうと思いますが、1つ選べと言われたら間違いなくこれです。


理由は以下の通りです。

  • 出版日も2018年と新しく、さらに旬なテーマを毎年webで補強してくれる
  • 解答例が独創的なものでなく、万人うけするものになっている
  • 量は多すぎず、かつ頻出テーマを網羅している


私の方針とぴったり合致するものになっています。

 

自分で言うのもなんですが、論文試験の本質をわかっていれば、「勉強時間は最低限で、万人うけする回答を書けるようにする」ことがベストだという結論には行きつくはずですからね。

ということで、基本的には参考書は「寺本康之の小論文バイブル」を使いましょう。

 


まあ論文の参考書は他にも優れたものが多いので、他にどうしても気に入った参考書がある方は一応そちらにしても構いません。


ただ、迷っている方には自信を持ってこちらをおすすめします。


②テーマを1つ選び、「要点」を暗記していこう

次に、暗記のステップです。

まずは1つだけテーマを選び、暗記していきましょう。

 ここで、解答例を丸暗記するのはおすすめしません。


理由は、無駄に時間がかかる上、丸暗記してもそのまま書くと減点される恐れがあるので意味がないからです。


なので、解答の要点だけを暗記していきましょう。

では、要点とは何か?

  • 背景
  • 課題
  • 解決策
  • 具体例


この4点を意識して暗記していきましょう。(背景と課題、解決策と具体例は似てるので、それぞれ一緒にしてしまってもいいです)

 

例:地球温暖化対策のテーマ
  • 背景

自動車の保有台数や電化製品が増えたことによる、温室効果ガスの増加

  • 課題

住民一人一人の温暖化に対する問題意識が依然として低い

  • 解決策

・住民が温室効果ガスの削減に主体的に参加できるような仕組みを身近に作る
・太陽光発電やHEMSに対する補助金を設置し、住民への普及・意識改革を図る

  • 具体例

例えば新宿区では、「新宿エコ隊」を組織し、区民や事業者と一体となって二酸化炭素の削減に取り組んでいる。


内容は雑ですが、イメージはこんな感じ。

この4点さえあれば、7割の論文は書けますので、要点に絞って暗記を進めていきましょう。

 

③1度答案を作ってみよう

さて、暗記だけでいいとは言ったんですが、これは必要です。

コムオ
「あなたが今やった方法で本当に答案が作れるか」を確認しなければいけないからです。


今要点を暗記したテーマの論文を書いてみましょう。本番だと思って。

「論文は基本的な構成を学んでからじゃないと!」って思うかもしれませんが、もう構成は出来ているはずですよ。

背景→課題→解決策→具体例

さっき学んだことを、そのまま順番に書いていけば、スタンダードで万人うけする構成の論文が書けます。

やってみてください。


・・・書けましたか?


文字数が足りなかったり、背景→課題や解決策→具体例の持って行き方がわからなかったりで、中々難しかったと思いますが、なんとか最低限の答案は書けてるはずです。

 

ここで、模範解答と見比べて、「文字数が足りなかったならどの部分の暗記が足りなかったのか」、「上手くつなげなかったなら、どうやってつなぐのが正解だったのか」を学んでおきましょう。

そして、テーマにおいて暗記すべき部分・暗記した内容のつなぎ方がわかれば、もうこっちのものです。


 今回書いた答案は、基本的にテンプレートとしてすべてのテーマ共通で使うことができますよ。


④あとは頻出テーマをひたすら暗記していこう

そして、頻出テーマを先ほどの4つの要点に分けて暗記していきましょう。

暗記の仕方はさっきと同じです。

また、書き方のテンプレートは理解しているはずなので、いちいち書く必要もありません。

時間がもったいないですからね。


ちなみに、「頻出テーマって何個くらいですか?」という質問があったので答えると、「目安は20個くらい」です。


まあ正直15個くらいで十分だとは思うんですが、20個あれば安心できるラインですね。


⑤最後にもう一度書いてみて、第三者に見てもらおう

最後のステップです。

最初に書いたテーマとは別のテーマで論文を書いてみましょう。


そして、第三者に見てもらってほしいんです。

予備校の先生でもいいですし、独学の人は最悪友達でも何でもいいです。


第三者の目で見てもらって、読みにくいところや繋がりが不自然なところを指摘してもらってください。

きっと、自分では気づけない部分があるはずです。

 

採点者も人ですし、機械的な採点が行われているわけではありません。

なので、第三者の目線で違和感を感じる部分や、繋がりが不自然な部分は潰しておいたほうがいいです。

 

 ちなみに、予備校の先生に見てもらうと、テクニック論を押し付けてくる場合がありますが、それは無視でいいです。

採点者によっては、そういったテクニックを良く思わない人もいるでしょう。

テクニック全開の文章は一目でわかります。そうすると、万人うけする文章ではなくなってしまうんです。

気を付けてくださいね。


おまけ:論文で8割以上とりたい方へ

ち密な計算で右肩上がり
ここまで解説してきたのは、7割を安定してとる勉強法でした。

きっとここまでやった方は、「そこそこの解答は作れるようになった」でしょう。

コムオ
一応言っておくと、それで十分です。


それ以上の完成度を目指すには、かなり時間をかけなければいけないので、基本的にコスパが悪いです。

それでも8割以上とって、周りに差をつけたいという方は、加点される方法の中で比較的簡単なものを書きましたので、是非実践してみてください。

 

「暗記で論文対策」まとめ

原稿用紙にペンで書く
ここまでに説明したように、私は論文は暗記メインで対策するのがベストだと思っています。

皆さんにも実践してもらいたかったので、まず「論文は暗記でいけるんだ」と思ってもらうために、前半部分を書きました。

オマケの「予備校講師に聞いてみた」という項目については、一人くらい「ぶっちゃけ暗記するのが一番ですよ」とか正直に答えてくれる人がいればよかったんですけどね(笑)

まあ、そこも含めてリアルな調査結果になったんじゃないかなと思っています。


後半の勉強法については、私が受験生時代に試行錯誤を経てたどり着いた「最も効率が良い論文の勉強法」を紹介したつもりです。

「完璧な答案を書きたい人には向いてない」かもしれませんが、「最小限の努力で最大限の成果を出したい」という人にはぴったりだと思います。

9割や満点はとれなくとも、やはり安定した得点が取れるというのは、大きな武器になるはずですよ。


この記事が、公務員試験の論文対策で悩む皆様のお役に立てれば幸いです。


この記事を読んでわからなかったこと、その他公務員試験に関して、公務員の仕事に関して、なんでも気軽に聞いてくださいね。