人と時計とドル
受験生A
受験先別の経営学の傾向と対策を教えてください!
受験生B
独学なので、経営学の勉強法を知りたいです。
受験生C
選択科目として、経営学を勉強するかどうか迷っています・・・

コムオ
こういった皆様のお悩みに、コムオがお答えします。

経営学は捨ててもいい?

ペットボトルをごみ箱に捨てている

「経営学はサブ科目で、その中でも重要な科目でもないし、捨ててもいいか迷う」という方は多いと思います。

結論からいうと、

その人の受験先と他科目の進捗状況次第では捨ててもOKです。

以下で具体的に説明していきますね。

経営学の出題数

まずは、経営学の科目としての重要度はどれくらいなのかを知ってもらうために、試験種別の出題数を見ていきましょう。

興味がない方は飛ばしてもらって結構です。

  • 国家一般・特別区:5問(選択)

  • 国税専門官・財務専門官:6問(選択)

  • 地方上級全国型:2問(必須)

  • 地方上級関東型:2問(選択)

裁判所事務官・地方上級中部北陸型・市役所では出題されません。

意外と出題数は多い印象ですね。

私が思う捨ててはいけない科目の条件は、志望度が高い受験先において「出題数が多く、必須回答である」ことです。


この考え方だと、必須回答の試験は、地方上級全国型のみで、出題数は2問と少なくなっています。

コムオ
なので、「経営学は選択しなければいい」という考え方も十分ありだと思いますよ。



経営学の難易度


次に、経営学の難易度を紹介していきます。

経営学の難易度
国家一般>>国税・財務≧地方上級・特別区


ざっくりですが、割と正確な難易度だと思いますよ。

国家一般の経営学は年度ごとの難易度の波が非常に激しく、難しい年が多いので得点が安定しません。

地雷科目といわれており、選択科目としてあまりおススメは出来ないと思っています。

その反面、国税・財務や地方上級・特別区では難易度も安定しており、基本問題が多いので、勉強すればある程度確実な得点源にはなると思います。

 

以上のことを踏まえて、あなたは経営学を勉強すべきなのか・捨てるべきなのか、その判断基準を次に紹介していきます。

【受験先別】経営学を勉強すべき人・捨てるべき人

経営学を勉強すべきなのは、以下の条件を両方満たす受験生だけです。

経営学を勉強すべき人
①国税・財務・地方上級・特別区いずれかの志望度が高い
②メイン科目の学習を終えて、時間に多少余裕がある


まず①について、これらの試験種はいずれも経営学の難易度が低くなっており、勉強時間を最低限に抑えつつ、ある程度の得点を確保できます。


なので、必須級ではないですが、コストパフォーマンスが優れているので学習しておきたい科目です。


次に②については、コストパフォーマンスが良いとはいえ、やはり経営学はサブ科目です。


メインの科目が終わっていない状態で学習に入るべきではありませんので、まずは民法や経済学といった科目を仕上げてください。


その後に、もし時間に余裕があれば経営学に入るといった形で良いでしょう。



コムオ
ちなみに、国家一般で経営学を選択する予定の方は、以下を心にとめておいてくださいね。
国家一般の経営学

国家一般向けに経営学を勉強するのであれば、ある程度時間を割かなければいけませんし、それでも結果に結びつくかはその年の難易度次第です。


つまりしっかり勉強しても、得点できるかは運ゲーです。


なのでおススメはしませんが、年によっては簡単な場合もあるので、「どうしても選択科目を増やしたい」という方は、経営学を勉強してもいいです。



ただ、学習するのであれば他の試験種と同じような対策では厳しいので、国家一般の経営学の詳しい勉強法は後述します。



まあ、国家一般の経営学の勉強法は後で解説するので、一旦おいておきます。


私が言いたいのは、先ほどの条件2つを満たしている受験生には、是非経営学を勉強していただきたいということです。

そのための勉強法をここから紹介していきますね。

経営学のおススメ参考書と勉強法

本棚の間の通路

ここまでの記事で経営学を勉強すると決めた人向けに、受験先別でおススメの過去問集を紹介しながら、経営学の勉強法を紹介していきます。


経営学は正しく勉強すれば確実に得点を伸ばせる科目なので、ぜひ実践してみてくださいね!

経営学の勉強法は効率を最重視!

何度もくどいようですが、経営学はサブ科目です。

メイン科目がある程度仕上がっていたとしても、サブ科目にあまり時間を多く割くのは得策ではありませんよね。

なので、経営学の勉強は効率を最重視で、短期間で得点源にしていきましょう!

そのための勉強法は、いろいろな記事で紹介しているので他の記事を読んでいる方は聞き飽きたかもしれませんが、正文化による学習がベストです。

「正文化を初めて聞いた」、「詳しいやり方を知りたい」という方は、以下の記事で正文化による学習の進め方やメリットを紹介していますので、良かったらご覧ください。


ほとんどの暗記科目に使える勉強法なのですが、単純暗記科目で、かつ基本問題が多く出題パターンが限定される経営学は、正文化を活用することでかなりの短期間で攻略ができると思います。


ちなみに経営学は補助の参考書なんていりません。過去問集だけで十分です。


そこで、正文化を行うのは全試験種で共通なのですが、使用する過去問集は「あなたがどの受験先で経営学を選択したいか」によって異なってきます。

分量が少なすぎても多すぎてもダメなので、受験先ごとに最適な過去問集を選んで、最短でかつ確実に得点源にする必要がありますよね。

それについては下記で紹介していきますので、あなたが受験する項目を見て、参考にしてください。

特別区・地方上級の経営学対策

特別区・地方上級の経営学はかなり易しい部類に入ります。

たま~に応用問題が出る程度で、ほとんど基本問題で構成されていると思って良いです。

殆ど出ない応用問題は正解できなくてもいいので、基本問題を確実にとる勉強方針でいきましょう。


特別区や地方上級関東型といった選択形式の自治体であれば、応用問題が出ても選択しなければ良いだけの話なので。

ちなみに地方上級全国型では必須回答ですが、そもそも2問しか出題されないので応用問題が出ることは稀です。

 

そこでおススメの参考書は、「だからカコモンで克服!」という過去問集です。

こちらはスー過去よりも分量は少なくなっていますが、特別区や地方上級で頻出の基本問題は網羅されていますので、まさに必要十分な過去問集といえるでしょう。

解説やレジュメページも、スー過去に引けをとらない完成度になっているので、特別区・地方上級の経営学はこの過去問集以外ないと思いますよ。


この分量を正文化で回せば、1か月もあれば十分得点源になると思いますので、是非試してみてください。

国税・財務の経営学対策

国税・財務の経営学は基本問題が多く、応用問題は1~2問出る程度です。難易度的には地方上級・特別区と殆ど変わりません。

ただ、出題数が多いうえに、選択科目とは言っても「科目単位」での選択なので、「問題単位」で選択できる特別区や地方上級関東型のように、解ける問題だけ選択するということができません

つまり、本番での選択科目としてしっかり準備するのであれば、標準~やや応用くらいの問題までは解けるようになっておいた方が良いです。



そのため、国税・財務の受験生には「スーパー過去問ゼミ」をおススメします。

スー過去は非常に網羅性が高いので、これを仕上げておけば、本番でもかなりの確率で選択できると思います。

ちなみに難易度の星が3つになっている問題はやらなくて良いです。

このレベルの問題は国税・財務ではあまり出題されませんし、されたとしても正答率はかなり低いはずです。


そこまでやるとオーバーワークになりますので、星2まで終わって時間に余裕があるようなら、他の科目に時間を割きましょう。

国家一般の経営学対策

最後に、問題の国家一般ですね。

まず、国家一般で経営学を選択する前提で試験に臨むのは危険です。


国家一般において、経営学はどれだけ勉強していたとしても、見たことのないような問題ばかり出ることがあります。

コムオ
これが「地雷科目」といわれる理由ですね。

 

なのでおススメはしていないんですが、それでも経営学を勉強するなら、「しっかり勉強したうえで、本番の問題を見て4問以上とれそうなら選択する」くらいの気持ちでいてください。

つまり、他の選択科目も余分に準備しておく必要があるので、その点は気を付けてくださいね。


勉強法としては、非常に単純です。

国家一般における経営学の勉強法

過去5年で出題がない範囲を除き、スー過去を全てやってください。

難易度が3の問題は、国税・財務の受験生はやらなくて良いと言いましたが、国家一般ではここまで必要です。


スー過去はかなりの分量があるので、正文化で効率を最大限に上げたとしても、そこそこ時間はかかってしまうと思います。


ただ、国家一般の経営学は中途半端な対策をしても、2~3問しか得点できないので、選択したいのであれば絶対にここまでやってください。


これが国家一般の経営学対策としてはベストだと思います。

経営学の勉強法・参考書まとめ

人と時計とドル

  • 経営学は、「国税・財務・地方上級・特別区の志望度が高く、多少時間に余裕がある受験生」は出来れば勉強しておこう!

  • 国家一般の経営学は「どうしても選択科目を増やしたい」という方以外は選択しない方が無難!

  • それぞれの受験先に合った参考書を使い、正文化で効率良く学習しよう!


経営学はサブ科目に分類され、重要度も高くない科目です。


しかし国家一般を除いて、勉強すれば確実に得点源になる科目でもあります。

コムオ
こういった科目は「捨てるか勉強しようか迷う」受験生が多いと思います。

受験生当時の私は、「経営学を勉強する時間は作ろうと思えば作れる」くらいの状況だったので、非常に迷った覚えがあります。


結果的には「だからカコモンで克服!」を正文化で仕上げ、地方上級・特別区では安定して得点することができました。

国家一般では選択するつもりはなく、試験本番で一応問題を見ましたが、案の定選択しませんでした。


今振り返れば、良い選択をできたのではないかと思っています。

ただ、自分にとってはこれが良い選択でしたが、志望度が高い受験先が複数ある場合・他科目の勉強の進捗状況による場合など様々なパターンがあります。

そういった方が勉強方針の決断をするにあたって、少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

また、経営学の勉強方針が決められないという方は、是非私に聞いてください。


「こうしましょう」と、はっきり申し上げることはできないかもしれませんが、方針を決めるにあたって指標を示すことはできるかと思います。


その他、この記事を読んでわからなかったこと、その他公務員試験に関して、公務員の仕事に関して、なんでも聞いてくださいね。