公務員試験の勉強で悩む女性

公務員ラボへようこそ。


 

受験生A
公務員試験は女性が優遇されるって聞くけど、本当ですか?
受験生B
女性が有利と言っても、面接が苦手だから合格する自信はないなぁ。
受験生C
ただでさえ面接できないのに、男性の倍率が高いなんてもう無理・・・


コムオ
こういった皆様のお悩みに、現役公務員のコムオがお答えします。
「公務員試験は女性優遇の試験だ」というのを聞いたことがありませんか?

筆記試験は得点だけで決まっていますが、面接試験や集団討論に関しては、女性の倍率のほうが低いことが多いようなんです。
今回は、国家公務員・地方公務員ともに、公務員試験における男性と女性の倍率を徹底比較しました。



また、実は男性と女性で、行うべき面接対策は違うんです。
それについては、記事の後半で解説しますね。

まず、様々な公務員の面接試験で男子と女子の倍率を比較した結果、面白いデータが取れたので、紹介していきます。

公務員試験の面接は「明らかに」女性優遇

ハチマキをした受験生女子

結果から言うと、公務員試験って、ものすごく女性が有利な試験です。

すべての公務員試験ではありませんが、殆どの公務員試験で女性が優遇されています。


具体的には、以下の令和元年(まだ掲載されてなかった場合は平成30年)のデータをご覧ください。

1次の筆記試験では男女の倍率に大きな差はなかったので、2次試験受験者に対する、最終合格者の倍率を掲載しています。

 

裁判所事務官【トップクラスに女性を優遇する試験】

裁判所事務官(大卒一般職)の倍率は、以下の通りです。

  • 男性:743人中204人合格(3.64倍)
  • 女性:625人中316人合格(1.98倍)


男性の倍率が、女性の倍率の2倍近くありますね。

 ちなみに、これは東京高等裁判所の倍率ですが、他の裁判所ではもっと倍率の差が開いているところもいくつかあります。


裁判所は、女性優遇で有名な試験で、過去にはもっとひどい年もありましたが、いまだに女性優遇の傾向は残っています。

裁判所職員にそこまで女性を多く求める理由は何なんでしょう・・・


この男女の倍率の差がなければ合格していた男性も多いでしょう。

ただでさえ裁判所事務官は合格難易度が高めなので、男性にとっては相当難しい試験と言えます。


女性はあとは2人に1人以上が合格する面接なので、まず筆記試験を全力で頑張りましょう。


国家一般職【女性優遇だが、他の試験と比べると良心的】

国家一般職の人事院面接のデータは以下の通りです。

  • 男性:1624人中1074人合格(1.51倍)
  • 女性:941人中718人合格(1.31倍)

 

やはり女性優遇の傾向はありますが、裁判所事務官と比べると僅差です。


国家一般職に関しては、男性でもしっかり対策すれば合格できる倍率ですね。

 

ただ、ここまで低倍率だと、0.2倍の差とはいえ小さくはありません

 

 

コムオ
国家一般職は、他の試験と比べたらわずかですが、女性が有利な試験であることには間違いありませんね。

 

 

特別区【男女別の受験者数を令和から非公開に!】

特別区Ⅰ類事務の倍率は以下の通りです。

  • 男性:2421人中1306人合格(1.85倍)
  • 女性:1391人中1065人合格(1.30倍)


国家一般職よりも、特別区のほうが全体の倍率は高いのに、女性の倍率は低くなっています。

国家一般職よりも女性が優遇される試験です。

 また、令和元年度の試験結果には男女別の人数が公開されていませんでした。

(なので、上記データは平成30年度の倍率です。)

特別区レベルに大規模な自治体がこれをやるのは意外でした。

ここにきて男女比を隠すということは、「女性優遇を更に進めていく」と思われても仕方ないですからね。

 

都庁【裁判所の陰に隠れているが、かなり女性優遇】

都庁のⅠ類Bの採用試験の結果は以下の通りです。
(令和元年の結果はまだ掲載されてなかったため、平成30年のデータ)

  • 男性:644人中230人合格(2.80倍)
  • 女性:376人中191人合格(1.97倍)



都庁は、約1.5倍もの倍率の差があります。

ここまで出てきた中だと、裁判所に次いで女性優遇の試験ですね。

 

これくらいの倍率差があると、行うべき面接対策は、男子と女子でかなり異なってきます。

それについては記事の後半で詳しく説明しますね。

 

道府県庁【ばらつきはあるが、どこも女性優遇には変わりない】

続いて、道府県庁です。

全ては紹介できないので、代表的なところだけ紹介しますね。


・神奈川県庁、埼玉県庁、京都府庁:男女別の倍率の公表なし

公表がないのは、単純に掲載する手間を省くためか、それとも見られたくないのか・・・

私は証拠がないと何とも言えないので、みなさんのご想像にお任せします。(笑)

 


・千葉県庁 一般行政A

  • 男性:104人中76人合格(1.37倍)

  • 女性:37人中34人合格(1.09倍)

女性優遇はそこそこですが、注目すべきは女性の倍率です。

「どうしても面接が苦手」という女性は、千葉県庁がおすすめです。




・北海道庁 行政A(第1回)

  • 男性:505人中185人合格(2.73倍)

  • 女性:249人中111人合格(2.24倍)


女性優遇の度合いで言うと、千葉県庁と同じくらいですね。


独自日程ということもあり、全体的に倍率が高くなっています。

 

・大阪府庁 行政(22-25)

  • 男性:230人中65人合格(3.54倍)
      • 女性:161人中95人合格(1.70倍)



      この記事の中で最も女性優遇の試験ですね。

      2倍以上の差があります。

      こちらも女性にはおすすめの受験先と言えるでしょう。

       

      市役所【殆どの市役所が男女の人数を非公開】

      市役所は、「上記で紹介した道府県庁の県庁所在地の市」のみを紹介していきます。

      ・横浜市役所、千葉市役所、さいたま市役所、大阪市役所、京都市役所:男女別の倍率の公表なし

      このように殆どの市役所では男女別に公表はしていないようです。

       

      ・札幌市役所

      • 男性:240人中68人合格(3.53倍)

      • 女性:96人中53人合格(1.81倍)


      この中では、札幌市役所が唯一、男女別に人数を公開していました。

      裁判所並みの男女格差です。

      コムオ
      ただ、殆どの市役所が非公開にする中、男女別の倍率を公開する男気は好印象ですね。

       

       

      参考:朝日新聞に掲載された「名古屋市役所の女性優遇」

      以下の通り、名古屋市の女性優遇が朝日新聞で掲載され、ネットニュースを騒がせたことがあります。

      名古屋市の職員採用試験に「女性優遇」疑惑 原因は面接での甘さ?


      男女差別が行われているのではないか」といった声もあったようです。

      名古屋市役所としては、「女性を優遇してるわけではなく、得点順に上からとったらこの結果になった」と説明しているようです。



      男女差別はもちろん、女性を合格させようとしてないとしても、男性の面接官が殆どということもあり、女性には採点が甘くなってしまっているのかもしれませんね。

       

      ちなみに、2次試験の合格率は男性が36%に対し、女性は65%だったようです。

      確かに女性優遇ですが、この記事で紹介してきたように、もっと優遇される試験も多いですよね。


      たまたま名古屋市役所が問題にはなりましたが、これは公務員試験全般に言えることなんです。

      【男性の面接対策】積極的にアピールして、加点をもらう必要がある

      スーツを着る人

      「公務員試験では、積極的にアピールする必要はなく、最低限の面接ができればいい」って聞いたことありませんか?

      それ、昔の常識です。

       

      最近の公務員試験は面接重視になっていますし、外部から専門の面接官を呼ぶ自治体も多いです。

      受験先にもよりますが、男性の方は倍率も高くなりやすいので、「減点を避ける」だけでなく「加点をもらう」ことも必要になってきます。

       

      公務員試験の面接で簡単に加点をもらうには、「話し方」が重要です。

      話す内容で差をつけようと思うとかなり難しいですが、話し方なら実は簡単なんです。



      「話し方」で差をつける方法は、以下の記事で解説しています。


      単純なことなのですが、まだこれを実践している受験生は少ないので、「確実に」差をつけることができるでしょう。

       

      あとは、逆質問があった場合に備えて、以下の記事を読んでおいてください。


      この記事を読んでおけば、逆質問が来た時に「ラッキー!」と思えるようになるはずですよ。


      こういった形で、男性の場合は積極的に加点を狙い、差をつけるよう意識しながら、面接対策を行っていきましょう。

      民間企業独自日程を併願して、練習を重ねることも重要ですよ!

       

      【女性の面接対策】無難な立ち回りで、最低限の得点をとろう

      悩む公務員女性

      女性の公務員試験は倍率が低いので、無駄に加点を狙いに行く必要はありませんし、最低限の得点で構いません。

      ただ、もちろん油断は大敵です。

       女性であっても必ず不合格になる受験生はいるわけですからね。

      まずは、筆記試験の勉強に全力を注いでください。

      面接のことは筆記が終わるまで考えなくて良いです。

      そして面接では、主に「志望動機」「面接マナー」という減点されやすい2点を意識した対策を心がけましょう。


      志望動機はありきたりでOKだが、減点はされないようにしよう

      まず、志望動機はありきたりなものでも構いません。

      ただ、ありきたりでも良いですが、減点につながるような志望動機は避けてくださいね。



      ここでいう減点につながる志望動機は、「地元だから」とか「安定しているから」といったレベルの低い志望動機ではありません。

      こういった志望動機を実際に使う受験生は、実際にはいませんからね。




      ただ、実際に使っている受験生が多いのに、減点につながりやすいと感じたNG志望動機がいくつかあるんです。

      そういったNG志望動機は以下の記事で紹介しているので、これだけは気を付けてくださいね。

       

      面接マナーでの減点に気を付けよう

      面接マナーで減点されてはもったいないですよね。

       最も重要な志望動機、そして面接マナーに気を配り、あとは会話のキャッチボールがしっかりとできれば、受験先にもよりますが、女性は多くの試験に合格できます。

      面接マナーは「人事が気にしているものだけ」でいいので、勉強しておきましょう。

       

      公務員試験の女性優遇 まとめ

      • 公務員試験の女性優遇は明らかに存在する!

      • 男性は、高倍率になることが多いので、積極的に加点を狙おう!

      • 女性は、まず筆記の勉強に全力で取り組み、面接対策は減点をなくすことを意識しよう!

       

      この記事を読んでもらえばわかると思いますが、程度の差はあれ、どの試験でも女性優遇はあります。

      特に、裁判所・都庁・大阪府庁あたりは女性が圧倒的に有利ですね。

       

      そういったことを踏まえ、男性も女性も、それぞれの対策を行って、最短距離で合格までに突っ走ってください!

       

      男性の受験生へ
      この記事を男性が読むと、不安になる方も多いかもしれませんが、この記事に書いてあったことは、全て事実です。


      「男女の差がなかったら合格していた」なんて人も毎年いるでしょう。

      こんな悔しい落ち方、したくないですよね。


      私も男性なので、受験生時代は面接が非常に不安でした。

      その分誰よりも本気で面接対策を行い、男女の差が激しいと言われていた裁判所で上位合格をしたときは本当に嬉しかったです。



      皆さんも、難易度が高いという事実に向き合い、覚悟を決めて頑張ってくださいね。

       

      女性の受験生へ

      この記事で分かる通り、女性は間違いなく公務員試験には有利です。

      ただ、そんな中でも不合格になる女性は必ずいます。

      それも1人や2人ではありません。


      女性にとって、最大の鬼門は筆記試験になります。

      筆記試験には、多少余裕を持って合格できるレベルまで勉強しましょう。

       

      面接対策は、余裕があれば加点を狙ってもいいです。

      ただ、まずは「減点をゼロにする」ことを意識して、本気で面接対策をしましょう!

       

       

      この記事が、公務員試験の女性優遇で悩む皆様のお役に立てれば幸いです。

      この記事を読んでわからなかったこと、その他公務員試験に関して、公務員の仕事に関して、なんでも気軽に聞いてくださいね。