多くの数字や記号

公務員ラボへようこそ。


受験生A
数的処理を本番までに安定した得点源にしたいです!

受験生B
数的処理は苦手じゃないけど、解くのに時間がかかってしまいます。

受験生C
数的処理がとても苦手なんですけど、暗記で得点できるって本当なんですか・・・

 

コムオ
こういった皆様のお悩みに現役公務員のコムオがお答えします。


公務員試験の数的処理の勉強法は、「解法の暗記」が以前よりもメジャーになってきた印象があります。

  • 同じ問題はあまり出ないのに、本当に暗記すれば解けるようになるの?

  • いろいろな問題を解いて考える力を伸ばさないと応用が利かないのでは?

 

こういった質問は私が某予備校でチューターをやっていた時も何度か伺いました。

 結論から申し上げると、「数的処理は暗記科目」です。

 

問題パターンを暗記する「パターン暗記」が最も効率的で、万人向けの勉強法だと断言します。

暗記すれば良いといっても気を付けるべき点はありますが、正しい勉強法を身に着ければ確実に得点源にすることができます。

この記事では、以下について徹底的に解説していきます。

  • なぜ数的処理が暗記科目と言い切れるか
  • 実際にどう暗記学習を進めていくか【重要】
  • 「暗記解法」によるメリット
  • 私が暗記解法に切り替えた後の得点率

 

数的処理が暗記科目である根拠


本の上に置かれた眼鏡


ド文系
である私、もちろん数的処理は苦手でした。

得点は元々4割程度だったのが少しずつ上がっているものの、まだまだ5割程度でした。

 

これが受験の前年10月くらいです。

それくらいの時期に、チューターの方に「パターン暗記」というものを勧められました。

公務員試験の過去問はパターンが限られているので、そのまま暗記してしまう方法です。

模試や試験本番では、頭の中にある問題パターンに当てはめて解いていくことになります。

私は少し怪しいと思いながらも(笑)、騙されたと思って詳しい勉強法を教わり、数的の勉強を暗記に切り替えていきました。

 

その勉強を3か月ほど続けると、同じような問題はすぐに解けるし、応用問題も、基本的な問題パターンの組み合わせで解けるものだったり、少し視点を変ええただけだったりすることに気づけるようになりました。

具体的な勉強法は後述しますが、年明け2月くらいには約7割以上は安定してとれるようになっており、そのあとも着実に得点は伸びていきました。

 数的が大嫌いだった私が得点できるようになったのだから、あなたも大丈夫。これがなによりの根拠です。

 

「これだけでは信じられない」という方は、「数的処理 暗記」でググってみてください。

コムオ
いくらでも記事が出てきますね。否定的なことを書いている記事もほとんどないです。


私のころ主流ではなかったパターン暗記も、かなりメジャーになってきています。

これが「数的が暗記科目である」何よりの証拠だと言えませんか?

 

ただ、暗記科目だからといって、人文科学や社会科学などと同じように闇雲に暗記してはいけませんので、その点はこの記事で学んでいってくださいね。

では、具体的な勉強法に移っていきます。


「パターン暗記」による数的処理の勉強の進め方


理科の公式やグラフ
先ほども述べましたが、「パターン暗記」といっても闇雲に暗記をし続けるだけでは得点は伸びません。

この勉強法を始めて1か月半くらいはやり方を模索しながらだったので、中々点数は伸びませんでした。

 

その結果得られた、最も効率の良い暗記法を紹介します。

 

なお、過去問集に関して、数的処理は「スーパー過去問ゼミ」がおすすめですが、「クイックマスター」でも構いません。

ちなみに「スー過去」では難易度の星が3つの問題は無視で良いです。

解けなくても受かりますから、これをやる時間があればほかの勉強をしましょう。

 

パターン暗記の手順

まず、問題を見て5分考えます。なお、実際に紙に書いて解くのはこの1回目のみになります。

(2回目以降は計算せずに、答えまでのプロセスを頭の中で描くだけ)

1回目は以下の3パターンに分かれるかと思います。

①すぐに解けた場合

②時間はかかるが解けた場合

③解けなかった場合・間違えた場合

①の問題は塗りつぶして、2周目以降は無視でいいです。

②と③の処理は同じです(もちろん③の場合は解説を見て理解してくださいね)

答えにたどり着くまでのプロセスを頭の中で何度か繰り返して、「悩まずに答えにたどり着く」状態になってください。

 

基本的には以上のことを何周も行うだけです。

 ただ、数的処理の暗記は人文科学などと比較して「完全に暗記したら忘れにくいが、それまでには労力がかかる」ものです。

そのためもう一つ重要なことは、②と③だったものは翌日に見直し、次は1週間後に見直し、1か月後に・・・といった形で何度も見直し、短期記憶から長期記憶にしていってください。

 

章ごとに分けてやっていくのが良いでしょうね。

そうすれば問題集を「1周」したころには、同じ問題に何度も触れているので、数的処理に対する苦手意識は薄れているかと思います。


このやり方で問題集を、最低でも4.5周はしてください。

「そんなに何周もするの!?」と思いましたか?

そうなんです、どんな勉強法でも結局これくらいの量は必要なんですよね。

しかし、「量をこなすのは仕方ないとして、それにかかる時間を最低限に減らす」という面では、パターン暗記がベストです。

 

このやり方は、問題集を1周するまでに何度も問題を解かなければいけないことになるので、時間がかかるかと思われるかもしれません。

しかし、1回目以外は計算もしないし紙に書かないので、それほど時間はかからないんです。

コムオ
まあ1回目を解いていくのはやはり大変ですが、そのあとはだんだん楽になっていくかと思いますよ。

 

「パターン暗記法」のメリット


多くの数字や記号
パターン暗記法のメリットは、簡単に言うと以下の4点です。

パターン暗記によるメリット
  • 比較的短期間で成果が出る。
  • 苦手な人も確実に点数が伸びる
  • 得意な人も暗記解法を導入すると得点は伸びる
  • 試験の中で時間に余裕ができる


以下でそれぞれ詳しく説明していきますね。

 

  • 比較的短期間で成果が出る。

従来の、「色々な問題を解いて考える力を伸ばす」方法は周回するのにも時間がかかりますし、 時間がかかる割に、結局問題が解けるかどうかは本人の能力に依存します。

それに比較して「パターン暗記法」は、書かない・計算しないことから、何度も問題に触れることができるので比較的短期間で得点に反映されます。

ただ、数的処理自体が元々時間のかかる科目です。「比較的」短期間で成果は出ますが、なるべく早めに手を付けることをお勧めします。

 

  • 苦手な人も確実に点数が伸びる

数字に対するセンスなんて必要ありません。

文系脳の人でも一度覚えてしまえば忘れにくく、確実に得点できる武器になり得ます。

 

  • 得意な人でも得点が更に伸びる

公務員試験の数的処理は結局、スー過去にある問題のパターンを覚えてしまえばかなり得点できます。

得意な人はスー過去の7割以上は元々解けるんだと思いますが、残りの部分はパターン暗記で処理してしまうと勉強効率は著しく上がると思います

実際、理系の予備校生は2名ほど、この方法で満点に近い点数をとっていました・・・

 

  • 試験の中で時間に余裕ができる

これは個人的に非常に大きなメリットだと思います。

「ほぼ悩まずに解法が思い浮かぶ」状態になっていれば、問題によっては30秒もかからずに解けます。

元々時間に余裕がある試験ではないので、判断推理や資料解釈、文章理解などに時間をかけることができるようになれば、全体の点数もアップしますよ。

コムオ
すべて解き終わって見直しをして、初めて時間が余った時は感動しました(笑)


まとめ

  • 「数的処理が暗記科目」という話は本当です。苦手な人にも得意な人にもおススメ!

  • メリットが多い「パターン暗記」で最短で安定した得点源にしていこう!

  • この勉強法で効率は最大限になるが、結局「問題集を何周もする」ことが重要!

 

このブログを解説して初めての投稿記事は、やはり私が受験生の頃に最も苦労した「数的処理」に関しての記事にしました。

苦労・失敗を繰り返したからこそ、「数々の試行錯誤の中で得た効率の良い勉強法を皆さんに届けたい」と思いました。

みなさんは試行錯誤なんてする必要ないんです。そんなの時間の無駄ですから。

私も試行錯誤したくてしてたわけじゃないですが(笑)

 

さて、タイトルにもしていますが、「数的処理が苦手な人は解法を暗記すべき」というお話は、大いに本当です。

以上のような方法で数的の勉強を行えば、安定して得点は伸びます。


私が保証しますので、この勉強法を信じて継続してください。

継続することさえできれば、数的処理は簡単に安定した得点源にすることができます。

 

ちなみに、「パターン暗記」を習得したなら数的処理だけじゃなく、判断推理やミクロ・マクロ、物理・化学といった他の科目でも絶対に活用すべきです。


それぞれの科目について、詳しくは以下の記事で紹介しているので、ご覧ください。

 

この記事が、当時の私のような数的処理の勉強法で悩む皆さんのお役に立てれば幸いです。

この記事を読んでわからなかったこと、その他公務員試験に関して、公務員の仕事に関して、なんでも気軽に聞いてくださいね。