ち密な計算で右肩上がり


公務員ラボへようこそ。
受験生A
ミクロ(orマクロ)をこれから始めるので、効率のいい勉強法を知りたいです!
受験生B
公務員試験のミクロ・マクロがすごく苦手なので、捨ててもいいですか?
受験生C
スー過去をやっても理解できなくて、そのまま暗記する感じになってしまいます・・・
受験生D
出題形式が独特なので、地方上級のミクロ・マクロの対策を知りたいです!

 

コムオ
こういった皆様のお悩みに、現役公務員のコムオがお答えします。


ちなみに、地方上級の対策に特化したミクロ・マクロ経済学の勉強法については以下で解説しています。

ミクロ・マクロ経済学を捨てるのはアリ?

ペットボトルをごみ箱に捨てている

ミクロ・マクロは分量も多く、難しい科目なので、挫折する人も多いですね。


結論から言うと、ミクロ・マクロを捨てるのは基本的にナシです。

都庁専願の人は捨ててもいいですが、それ以外の人は勉強しましょう。


コムオ
この記事を読んで勉強すれば、あまり時間をかけずに安定して得点をとれるようになるはずですから、ぜひ最後までお付き合いください。

経済原論(ミクロ経済学・マクロ経済学)の出題数

経済原論(ミクロ・マクロ)の出題数を簡単に言うと、殆どの試験で約10問出題されると思ってください。

ここではミクロ・マクロの重要性をご理解いただければ十分なので、約10問という理解で十分です。


一応、ミクロ・マクロを合わせた経済原論の出題数を書いておきますが、まあ読まなくても結構です。

  • 国家一般・財務専門官・裁判所・特別区:10問
  • 地方上級全国型:9問
  • 地方上級関東型:12問
  • 地方上級中部北陸型:8問
  • 国税専門官:6問

 

国税以外はかなりの出題数であることがわかるでしょう。

まあ国税では専門に傾斜がかかるので、6問と言ってもかなり大きいです。


まあここでは、ミクロ・マクロは全試験で重要だということが再確認してもらえればOKです。

ミクロ・マクロ経済学を捨てるのは原則ナシ!


結論はさっきも言いましたが、ミクロ・マクロを捨てるのはナシです。

※都庁専願の方を除く



理由ですが、以下の民法の記事で述べた捨ててはいけない理由と、全く同じなんです。


簡単に言うと、

  • どの受験先でも出題数が多い
  • 科目の難易度は高いが、実は試験での問題の難易度は安定してる
  • 捨てて他の科目で勝負することは出来るが、得点に安定感がなくなる

こういった理由から、捨てるのはおススメしません。

ミクロ・マクロって、民法と並んで専門試験のメイン科目なんて言われたりしますが、以下のように民法と似ている部分が多いんです。

民法とミクロ・マクロは捨てない方がいい理由

例えば、学系の難易度の波が激しい国家一般では、民法やミクロ・マクロは難易度が安定しており、しっかり勉強してれば高確率で選択できます。



専門試験に2倍もの傾斜がかかる国家一般で、これらの科目を勉強しているかいないかの差は非常に大きいですよね。


ちなみに国家一般以外でも、ミクロ・マクロは難易度の波が少ない科目ですので、捨てないことをおススメしますよ。
コムオ
「捨てたくて捨ててるわけじゃないけど、苦手だからどうしようもない」という方は、この記事の勉強法と参考書でもう一度学習してみてください。



得意科目になるとは言い切れませんが、根気強く続けることさえできれば、苦手科目ではなくなっているはずです。


それは私が保証しますので。

ミクロ・マクロ経済学の勉強法はこれ!【導入本不要】

公式と、本を読む人

さて、ミクロ・マクロは捨てないでほしいという話をしましたので、次は「じゃあどんな参考書で勉強すればいいの?」というお話です。


結論としては、導入本なしでいきなりスー過去です。

詳しく話していきますね。

いきなり「スー過去」が正解!

以下の理由から、ミクロ・マクロでは導入本を読んでから過去問集に移る勉強法はNGなんです。

ミクロ・マクロはなぜ導入本がいらないのか

「らくらくミクロ経済学」や「最初でつまづかない経済学」など、ミクロ・マクロの導入本は非常にわかりやすい参考書が多いです。


なので読んでいる間はミクロ・マクロができるようになった気になりますが、その後スー過去を見ると、解ける問題の少なさに驚くでしょう。


「導入本では基礎が理解できてれば、まだ問題は解けなくていい」と思うかもしれませんが、公務員試験に限っていえば、理解は必要ありません。



記述試験では、答えにたどり着くまでの過程も評価の対象になるのでもちろん理解していなければいけません。


しかし、公務員試験のほとんどは択一試験です。

極論、答えさえ合ってれば過程なんて何でもいいんです。


私はミクロ・マクロに関しては殆どの問題を、「過去問でこう解いてたから」で解いていました。

出題者側からしたら、私よりしっかり理解している方を合格させたいかもしれませんが、公務員試験の合否は「理解しているか」ではなく、「得点がとれているか」で決まってしまいます。



導入本を最初に挟んだほうが「理解」は得られるかもしれません。

しかし、最短最速で「得点」を求める人は、導入本なしでスー過去を何周も回してください。

「正文化」と「パターン暗記」で最短で得点源に

勉強法は非常に単純です。

いきなりスー過去から入りましょう。知識ゼロの状態で結構です

正直問題を見ても、なにも分からない状態だと思いますが、大丈夫です。
そのまま進めてください。


スー過去では2パターンの問題が出てきます。

その2つは勉強する際の処理が異なりますので、以下で軽く解説しておきますね。

「正文化」と「パターン暗記」を使い分けよう
  • 理論系の文章問題

これは、人文科学などと同じ暗記問題と思っていいです。

内容がわからなくても、そのまま暗記すれば簡単に得点できます。


普通に暗記してもらっても結構ですが、公務員試験では鉄板の勉強法になりつつある「正文化」で、効率よく覚えてしまいましょう。



  • 計算問題

ここは多くの方が苦労するところですが、解き方をそのまま覚える「パターン暗記」で対応すれば確実に得点は安定します。


パターン暗記については、以下の数的処理の記事で解説していますので、やり方がわからない方はご覧ください。


経済学の計算問題はパターンが限られているので、この勉強法との相性は抜群なんです。

 

勉強法はこれだけです。

簡単に言うと、文章問題も計算問題も暗記してしまいましょうということですね。



フィリップス曲線だとか、産業連関表といった「なぜこうなるのか分からない分野」も、この勉強法なら関係なく得点できます。

私がチューターをやってた頃に、ミクロ・マクロの点数が伸び悩んでいる方にこの勉強法を勧めたところ、遅い方でも3か月後には「理解はしていないけど問題は簡単に解ける」という状態になっていました。


私自身、実際に経験してわかりましたが、結局公務員試験では過去問の焼き増しが殆どですからね。



やはり、特に計算問題なんかはこれまで何十年と公務員試験をやる中で傾向は決まっていて、本当に同じようなパターンの問題ばかり出ます。


そのパターンさえ覚えてしまえば、簡単に得点できるということになりますね。

理解した方が「応用力」がつくんじゃないか?という話

この項目は興味があれば読んでくださいで。飛ばしてもらっても結構です。

「理解は二の次で、暗記してしまうのが最短かつ安定して得点を伸ばす方法」というのが、ここまでの私の結論です。

コムオ
「確かにそれで点数はとれるかもしれないけど、理解から入った方が応用力がつくんじゃないか」という方はいると思うので、それについて少し話していきますね。



まず、そもそも公務員試験において、「理解している=応用力がある」ではないんです。

もちろん、たまに暗記だけでは難しい、応用問題が出るときはありますよね。


ですが、結局理論を理解している方でも、一部の「もともと応用力のある優秀な方」以外、そういった問題は解けません。


逆に、暗記だけで進めてきた方でも、優秀な方なら過去問の解法を応用して、難しい問題を解ける方もいます。

私は応用力がない側の人間でしたが、そういった方を何度か見てきました。

つまり、勉強法にかかわらず、「応用力がある人は難しい問題も解けるが、そうでない人は解けない」のです。

コムオ
かといって、「応用力をつけよう」という話ではないですよ。
一朝一夕で身につくものでもないので。



最終的に私が言いたいのは、「応用問題が解けるのはほんの一部の人だけだから解けなくていい」ということです。

模試の正答率なんかを見ればわかると思いますが、過去問であまり出題されていないような応用問題は、ほとんどの人ができません。

なので、そういった問題は迷わず捨てていいですからね。

【暗記が苦手な方へ】理解しながら学習を進める選択肢もあります


※この項目は、「暗記がどうしても苦手」という方のみ読んでください。


この勉強法には一つだけ大きなデメリットがあります。

それは、暗記が苦手な方にとってはとてもつらいという点です。

いきなりスー過去に入ると、なにもわからない状態で進めなければいけません。何もわからない状態で進めるのは構いませんし、文系の方にとってはそれが最短最速です。

正直文系の方にも、この勉強法は1周目は相当しんどいと思います。



しかし、理系脳で暗記が苦手な方にとっては、こういった単純な丸暗記は非常に苦痛だと思います。


訳も分からず公式を暗記し、それに当てはめて解いて、謎の学者や理論を覚えなければいけないわけですから。

そういった方は、理解を主軸に進めていっても構いません。


「これだけ暗記を推してたのに結局どっちでもいいのかよ」って思いますよね。

とはいえ、やはり「導入本を一通り読む→スー過去に入る」従来の学習法はおススメしません。


導入本を読んで基礎を理解しても結局問題を解けるようにはならず、時間のロスになりますからね。


過去問に沿って学習を進めるのは変えずに、以下の方針で行きましょう。

暗記が苦手な人向けの勉強法

「補助の参考書の該当部分を参照して理解も絡めながら、スー過去メインで進めていく」というのが、暗記が苦手な方には最も効率がいいでしょう。


やはり過去問重視の公務員試験において「実際に出た問題に沿って進める」というのが最も重要です。


なので、過去問に出た部分に関して、暗記を効率よくするために、補助として理解を深めるという形で、暗記のための手段として、理論の理解をしていきましょう。


補助の参考書というのは、次の項目で紹介します。

自信を持っておすすめできるミクロ・マクロ経済学の参考書

ち密な計算で右肩上がり

まず、過去問集は「スー過去」でOKです。

個人的に「スー過去」シリーズの中でもミクロ・マクロは最も完成度が高いと思っています。
問題の選定・分量・的確な解説と、文句なしの出来ですので、過去問集はこれ一択です。

 

また、、どうしても単純な暗記が苦手という理系脳の方には、「島本昌和のミクロ(マクロ)経済学ザ・ベスト+」という参考書がおススメです。

こちらをおススメする理由は以下の通りです。

  • 基礎~やや応用まで対応しており、網羅性も高い

導入本として基礎を固める目的ではないので、「らくらく」や「最初でつまづかない」シリーズではレベルも内容も足りません。

ですが、この参考書は「スー過去」と同レベルまで網羅していますので、スー過去と並行して参照するにはもってこいです。


  • わかりやすいレイアウトと丁寧な説明

暗記を助けるために非常にわかりやすく、丁寧な説明が施されています。


  • 単に「理解する」より、「問題を解けるようになる」ための参考書

「問題を解くためにここを理解してもらおう」、「問題を解くためにここを暗記してもらおう」といったことを重視しているのが伝わってくる参考書です。

得点に直結する内容になっているので、過去問演習をしながら参照するのにぴったりですね。



理系の方は、導入本はいらないので、上記の参考書を使いながらスー過去を進めていきましょう。

理解が暗記を助けてくれるはずです。

 

ミクロ経済学・マクロ経済学の勉強法まとめ

  • ミクロ・マクロは出題数が多いだけでなく、試験での重要度が高いので捨てないようにしよう!

  • 理解は基本的にいらないので、「正文化」と「パターン暗記」で最短最速で得点を伸ばしていこう!

  • 暗記で進めるのがつらい方は、「スー過去」を軸に、「ザ・ベスト+」を補助として使い、理解を絡めながら進めていこう!

ミクロ・マクロは導入本が必要だというのが定説になっています。 


たしかに、訳も分からないままスー過去に入るよりはその方が精神的負担は少ないです。

コムオ
しかし公務員試験のレベルであれば、ミクロマクロは暗記に頼ってしまった方が効率も良く、確実に得点源になるんですよね。




「どうしても暗記では不安」という方も、せめて導入本は使わずに、過去問メインで補助の参考書を参照するというやり方を試してみてください。


私はどちらも試してかなりの時間を無駄にしてしまいましたが、結果的に「暗記」だけで得点する方針に固まりましたから、自信を持ってこの方法はおすすめできます。


冒頭にも紹介しましたが、地方上級を受ける方は以下の記事は必見ですよ。

 

この記事が、当時の私のようなミクロ・マクロの勉強法で悩んでいる受験生のお役に立てれば幸いです。

この記事を読んでわからなかったこと、その他公務員試験に関して、公務員の仕事に関して、なんでも気軽に聞いてくださいね。