法廷の机といす

公務員ラボへようこそ。



受験生A
裁判所事務官に独学で合格したいので、効率的な勉強法を教えてください!
受験生B
そもそも裁判所事務官ってどんな科目が出るの?難易度は?
受験生C
択一の勉強はしたんですけど、専門記述の憲法の自信がない・・・
受験生D
専門試験の選択科目は経済学と刑法、どっちを選べばいいんだろう。

コムオ
こういった皆様のお悩みに、コムオがお答えします。


裁判所事務官に最終合格した私が、裁判所事務官一般職の合格に必要なことを全て書きます。

第一志望の方はもちろん、併願の方もこの記事を読んで実践すれば、間違いなく合格に一歩近づくと思うので、是非最後までお付き合いくださいね。

裁判所事務官の出題数・科目別難易度

ページが勝手にめくれている本

まずは、出題数と科目別の難易度を見ていきます。

「それはもう知ってる」という方は、お手数ですが目次からお好きな項目へ飛んでくださいね。

教養試験の出題数・科目別難易度

 

科目 出題数 重要度 難易度 内訳
文章理解 10 やや難 現代文:5
英語:5
数的処理 17 普通 数的:6
判断:10
資料:1
人文科学 普通 日本史:1
世界史:1
地理:1
思想:1
社会科学 やや易 政治:2
経済:2
社会:1
自然科学 やや易 化学:1
物理:1
生物:1
地学:1
合計 40
(必須回答)
やや難


教養試験の出題科目と科目別難易度は以上の通りです。

般知能分野の出題が多いことが特徴ですね。

特に判断推理だけで全体の4分の1を占めているので、間違いなく最も重要な科目になるでしょうね。

 

専門試験の出題数・科目別難易度

科目 出題数 重要度 難易度
憲法
民法 13 やや易
経済理論
(刑法と選択)
10 普通
刑法
(経済理論と選択)
10 やや易
合計 30 やや難


専門試験の出題科目と科目別難易度は以上の通りです。

3科目しかないのが大きな特徴ですね。

また、憲法の難易度は公務員試験でもトップクラスで、国家総合職と同じレベルの問題が出題されると印象です。

裁判所事務官のボーダーと難易度

裁判所と槌

次に裁判所事務官のボーダーと難易度に関してですが、「そんなことより勉強法が早く知りたいという」方も多いと思うので、簡潔に書いていきますね。

ちなみに、難易度とボーダーを含むこの記事の情報は、私自身の受験生時代の経験と、某大手予備校でチューターをやっていた頃の予備校生の成績から導き出したものです。

我ながら、生の声に基づいた信頼できるデータになっていると思いますよ。

裁判所事務官の難易度・特徴

結論から言うと、難易度は、公務員試験の中では中の上程度です。

国家一般職と同じか少し難しいくらいという印象ですね。

では、具体的にどのような点が難しいのでしょうか。

裁判所事務官の試験の特徴は以下の3点です。

  • 筆記・面接共に倍率がどちらも3倍程度

公務員試験の中では倍率は高い方といえるでしょう。

筆記か面接のどちらかがこの倍率を上回る試験はあっても、どちらも上回る試験は少ないです。


  • 専門択一は【憲法・民法・経済学or刑法】と3科目しか出題されず、難易度も高め

これは一長一短ですね。

それぞれの出題数がかなり多いので、この3科目が得意な人ならかなり有利ですが、1つでも苦手科目があると厳しいです。

  • 専門記述の科目が憲法しかなく、選択の余地がない

これも、「1科目しか勉強しなくていい」と捉えるか、「保険として別の科目を準備することができない」と捉えるかは人それぞれでしょうね。

裁判所の試験の主な特徴は以上です。

地方公務員や国家一般志望の方には専門記述があるだけでもハードルは上がってしまいますよね。

ただ、やはり裁判所の難易度を高くしているのは倍率によるところが大きいと思います。

 国家一般などでは筆記が、市役所などでは面接が重視されていますが、裁判所は筆記も面接もバランスよくできることが求められます。

ちなみに、裁判所は露骨に女性を優遇するので女性は面接倍率が3倍より下がりますし、男性は上がります。

裁判所事務官のボーダー

裁判所事務官のボーダーは、択一に関しては6割と思ってください。

年によっては6割とっていても落ちた人・5割後半で合格した人もいますが、そういったケースは少なかったので概ね6割前後とみていいと思います。


ちなみに、専門記述は1次試験得点は1次試験では考慮されず、2次試験で適用されることになります。

 

裁判所事務官の勉強法【教養編】

天秤と本

では、まずは教養の勉強法から入っていきます。

とはいえ、各科目の勉強法は以下のように別の記事で詳しく解説してますので、ここでは各科目の勉強法も軽く紹介しつつ、主に裁判所事務官に絞った、効率的な学習戦略を皆さんに提示したいと思います。

一般知能(特に判断推理)は確実に得意科目にしよう!

裁判所の教養では、一般知能が40問中27問を占めています。
これだけでも7割近くになるので、一般知能で得点できない人が合格するのは難しいです。

厳しいことを言いましたが、安心してください。
 一般知能はセンスではなく、正しい努力は結果に反映される科目です。

裏技のようなものはありませんが、正しい学習法で勉強を継続すれば、安定して得点をとることができます。


文章理解


文章理解は以下の記事を参考に自分の解き方を確立して、あとは毎日少しずつ解くことを継続していきましょう。
この勉強法で、現代文に関しては安定して得点を伸ばすことができるはずです。
英語に関しては、正直今までの積み重ねに左右される部分はありますが、この記事の内容を実践すれば苦手を克服することくらいはできるはずです。

数的処理


そして、数的処理はパターン暗記で、効率最重視の勉強をしていきましょう。


特に判断推理は、10問と非常に多く出題されるので、裁判所の教養の中で最も重要な科目です

以下の記事を参考に、確実に得意科目にしていく必要があります。
ちなみに資料解釈に関しては、適切な参考書さえ選べば簡単な科目なので、出来る限り捨てないで勉強してほしいです。
ただ、「どうしても苦手」ということであれば、裁判所では1問しか出題されないので、捨てる選択はナシではありません。

その場合は、他の科目で得点できるように、しっかり勉強しましょうね。

一般知識は最低限の勉強で乗り切ろう!

一般知能で頑張る分、一般知識は適度に手を抜いていきましょう。


とにかく裁判所は一般知識を最低限の時間で攻略したいので、捨てずに勉強する科目も、分野単位で捨てつつ、頻出分野のみを勉強するようにしましょう。


ちなみに、社会科学思想に関しては、コストパフォーマンスが優れている科目なので捨てない方がいいです。

裁判所事務官の勉強法【専門択一編】

法廷の机といす

次に専門試験のほうです。

こちらも、択一に関しては教養と同じく、勉強法は以下に詳しく書いていますので、効率を追求した学習戦略という形になります。

憲法は応用問題までやっておこう

裁判所事務官の専門試験で最も難しい問題が出るのが、この憲法です。

以下の記事でも説明しましたが、憲法は得意な人が多い科目です。

 

特に裁判所では、憲法に関しては周りの受験生もかなり勉強して、武器にしてきているはずです。

なので、あなたも武器にする必要があるんです。

具体的には、問題集の最高難易度の問題(スー過去で言うと難易度3)までやっておきましょう。

私は基本的に「難易度3はやらなくていい」という方針で、憲法に関しても「時間があればやったほうがいい」くらいに考えているのですが、裁判所の憲法では、問題の難易度を考えても、確実にやっておくべきです。

民法は苦手であれば克服しておこう!

民法は13問と、裁判所で最も多く出題される科目です。
コムオ
ただ、こちらは応用までやる必要はありませんよ。


なぜなら、憲法と違って、基本的な問題の出題が多いからです。

そのため、基礎がしっかりできていれば正解できる問題が多いです。
民法は応用までやるとかなり時間がかかってしまうので、やる必要はないでしょう。

 ただ、苦手な人は確実に克服しておくべきです。
基礎がしっかりできていれば得点できる科目なので、そこで得点できないのは正直痛いです。

民法に苦手意識がある人は少なくないと思うので、以下の記事を参考に、苦手を克服しておくようにしてくださいね。

経済理論or刑法、どっちがおすすめ?

これに関しては、悩む人も多いと思います。

しかし、答えはシンプルです。以下の基準で選んでください。

  • 裁判所専願の人→刑法
  • 他の試験の志望度もそこそこ高い人→経済理論


この基準で選んでください。

理由としては、刑法のほうが安定して得点できるが、経済理論のほうが他の試験での汎用性が高いからです。

刑法は範囲が広いですが、裁判所では基本問題の出題が多いので、ある程度勉強してしまえば得点源になるでしょう。

 ちなみに「他の試験の志望度もそこそこ高いけど、経済理論が苦手だから刑法を選択する」というのはおすすめしません。


刑法の勉強には割と時間がかかります。

そのうえ、それだと実質ミクロ・マクロを捨てたことになるので、他の試験で合格するのはかなり厳しくなるからです。

裁判所の経済理論は、難しくはありません。

それに、苦手な人でも経済理論は暗記で何とかなるので、以下の記事を参考に勉強してみてください。

裁判所事務官の勉強法【専門記述編】

ハチマキをした受験生女子

最後に、専門記述の勉強法について書いていきます。

 

まず、専門記述の一般的な勉強法に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。正直、これを読んでこの通りに勉強するだけでも十分合格できると思います。(笑)


なので、ここでは択一と同じように、「裁判所も専門記述に絞った学習戦略」を書いていきます。

「1次試験は通ったけど、記述が全然できなかったから2次試験は面接行くまでもなく不合格」みたいなことにならないように、しっかり勉強していきましょうね。

一行問題の対策をしておこう

裁判所の専門記述の大きな特徴として、1行問題が出題されることが挙げられます。

1行問題とは「表現の自由について論じなさい」みたいな問題のことです


これは事例問題よりもかなり回答がしやすい出題です。

なぜなら、回答の構成はどんな形であれ、判例や学説、重要論点さえかけていれば十分得点がもらえるからです。

対策としては、TACの「公務員試験 論文答案集 専門記述 憲法」の1行問題とそれに近い問題を徹底的に対策しておきましょう。


勉強法としては、先ほど紹介した専門記述の記事の勉強法でいいでしょう。

1行問題は暗記できていればOKなので、最初に答案を書かくステップを飛ばして、いきなり暗記から入ってしまっても大丈夫です。

論点はいくつ準備すればいい?

裁判所の専門記述は、典型論点しか出題されません。

また、1行問題なので、準備していない論点が出題されても、意外と最低限の答案は書けたりします。

なので、都庁などを受験する場合と比べて、論点の数は少なくても大丈夫です。

 目安としては、20~30論点というところでしょう。

どうしても不安な方は、40論点あれば安心だと思います。

裁判所事務官の対策まとめ

  • 裁判所の教養は、一般知能に力を入れて対策しよう!

  • 憲法は応用まで、民法は基本に力を入れて対策しよう!

  • 裁判所専願なら刑法を、他の志望度も高いなら経済理論を選択しよう!

  • 専門記述は、1行問題に力を入れて、20~30論点は準備しよう!



個人的に裁判所事務官の合格に必要だと思うことは、すべて盛り込んだつもりです。

裁判所は比較的難易度が高い試験ですが、試験の傾向に合わせた対策ができれば、合格は難しくありません。


専門択一が3科目だけ・専門記述が1科目だけというのは、志望度が高い人にとっては他の科目をやらなくて済むので、むしろ都合が良いと思います。

効率的な勉強を意識して、ぜひ裁判所事務官の合格通知をゲットしてください!



この記事が、裁判所事務官の勉強法で悩む皆様のお役に立てれば幸いです。


この記事を読んでわからなかったこと、その他公務員試験に関して、公務員の仕事に関して、なんでも気軽に聞いてくださいね。